包丁の種類

堺の職人が作る包丁

◼︎包丁の分類

 

 ▪︎和包丁

堺の和包丁は世界的に有名で、世界各国の料理人が使用する包丁です。全鋼の「本焼き」、軟鉄の地金に鋼を貼り合せた「合わせ」があります。片刃と両刃の物があり、片刃は魚を捌くのに特化し、両刃は万能に使えてお肉や野菜を切るのにおすすめします。

 

 ▪︎洋包丁

ステンレスで両刃の包丁が多く、刃の長さによって使い道が違います。

錆びにくくお手入れが簡単なので、最初の1本におすすめします。

■包丁の構造について

・片刃

和包丁に多く、用途によって様々な種類があります。堺の包丁は日本料理などで専門的に使われる包丁で、表から刃が研がれており、裏には窪みがあります。

堺の包丁は和包丁が有名です。

 

・両刃

三徳包丁・菜切包丁・ペティナイフなどに代表されるように、ご家庭で一番多く使用されている庖丁です。表と裏、両方から同じ様に研がれており、刃が中心にあります。

 

■包丁の種類について

・三徳包丁

肉・魚・野菜の調理に使用できることから「三徳」と呼ばれている包丁です。先が尖っているので幅広い用途があり、ご家庭で一番多く使われている庖丁です。万能な包丁なので、最初の1本は三徳包丁がオススメです。

 

・菜切包丁

野菜を切るための包丁です。刃は水平で幅が広いので、白菜などのカサのある野菜を切ったり皮をむいたりするのに便利です。

・ペティ

刃が小さいので使い勝手がよく果物のカットや野菜の皮むきなど、ペティナイフがあれば簡単にできます。キャンプやバーベキューなどに持って行くと重宝するのでペティナイフがおすすめです。

・牛刀

ヨーロッパから伝わった包丁(洋包丁)で、真直ぐに切り込むのに都合よく肉以外にも野菜を刻んだり、小魚をさばいたり、お刺身を引くこともできます。刃渡りが長いので大きな野菜やスイカなどを切るのに適しています。

・出刃

大きめの魚を捌く包丁で、片刃なので両刃の包丁より魚の身を三枚におろせます。

・小出刃

アジなどの小型の魚をさばく包丁です。釣りをする方などに重宝されています。

・柳刃

一般的な刺身包丁です。刃の形状が柳の葉に似ているので柳刃とも呼ばれています。刃の長さを利用してスーッと引くように切りますので、少なくとも刃渡り20cmは必要です

Today's Schedule